HOME サファイア
宝石言葉には「誠実」「慈愛」「徳望」

サファイア

9月の誕生石であるサファイアは、ルビーと同じくコランダム系の鉱物の変種です。赤いものをルビーと呼び、その他はすべての色名を冠してサファイアと呼び、色によってピンクサファイア、ブラックサファイア、ブルーサファイアなどと呼んでいます。中でもブルーサファイヤは古代より真実と正義を象徴する「聖なる石」。中世のヨーロッパでは、聖職者が最も好んだ石です。また今日の西欧では、ブルーサファイヤは結婚と幸福のシンボルとしてよく婚約指輪にされることでも知られています。

愛の不変を誓う誠実の石

夫婦和合や、恋人との関係を良くするために効果がある。貞節な愛を表し、不貞を働くと光沢が失われると言われ、パートナーの浮気防止に役立つ。持ち主を裏切るものがあればその力を失わさせるとも言われている。また、持ち主に真実、献身と意志の強さを与え、この石を身につけていると、悪い考えや色欲を消す事ができるので、僧侶や永久の平和を願う人たちが持つのがふさわしいとされ、不義や好色な人が持つと色が濁ると信じられている。心を鎮めて憎悪の感情を和らげ、闘争心を消しさると言われる。サファイアには邪悪なものから守る厄除けの効果もある。また、眠っている才能を引き出す効果がある。冷静さ、明晰さ、意思力を強め、目標に向かって進む手助けをしてくれる。 サファイアを持っているだけで健康が回復するとも言われる。

/